明日のスポーツを哨戒します。老若男女も痩せもメタボもご注目!

その他

福井の大雪2018年で積雪量とガソリンがヤバい!二次災害に注意

投稿日:2018/02/15 更新日:

Sponsored Link


福井の2018年の大雪で、県内の積雪量がヤバいことになっているようです!

またガソリン不足も起こってしまい、大きな影響が発生しています。

先日の大雪では、国道では車が2日以上動けずに立ち往生してしまい、自衛隊が出動する事態になるほどの災害になってしまいました・・・

このように福井の2018年の大雪によって交通機関がマヒし、食料や物資の運送など大変な被害を与えています。

もう1週間以上経ちますが、大雪の気になる今後の状況はどうなるんでしょうか?これ以上の大雪にはなって欲しくないところですよね。。

大雪のピークが終わったとしても、次に注意しなくてはいけないのが積雪による二次災害です。

解けた雪によってなだれが発生したり、屋根の雪下ろし作業では事故が多発しています。

2018年の福井の大雪で、積雪量はどれくらいになっているのか?

そして今後の状況と、注意しなくてはいけない二次災害、ガソリンへの影響についてお伝えします!

★2019年北海道 過去最強クラスの寒波到来!

北海道2019年過去最強の寒波はいつまで続く?飛行機への影響も

Sponsored Link - 2019年2月、北海道に過去最強クラスの寒波が到来すると予報されています! 今回は2019年最強クラスの寒波がいつまで続くのか?そして飛行機への影響についてお伝えしま ...

続きを見る

★2019年も北陸・関東甲信で大雪の恐れ!

北陸の大雪 年末年始2019年の状況と積雪量は?交通障害に注意!

Sponsored Link - 2019年も北陸地方を中心に大雪になる恐れが出てきました。 29日現在、北からの強烈な寒波の影響で日本海側を中心に大雪となっています。 その影響で、今後北陸を中心にか ...

続きを見る

Sponsored Link

福井の大雪で積雪量がヤバい!

 

大寒波が到来によって、福井の2018年の大雪は福井県の各地で交通機関がマヒしています。

トラックの輸送も止まってしまうので、食料不足になったり物資が不足したり・・・と福井県内に大変な被害を与えています。

交通機関は、食料や物資が正常に届くためにも1日も早く復旧して欲しいところです。

でも大雪での積雪量が多ければ多いほど、道路の除雪作業はかなり大変で時間がかかってしまうんですよね。。

では福井県内の現在の積雪量はどうなっているんでしょうか?

どれくらいと言われても、県外に住んでいる方にはちょっと想像がつかないですよね。。

気象庁が発表したデータがあるので、どうなっているのか見てましょう!

 

福井の降雪量は最大8メートル!

地点 累積降雪量
(cm)
平年比
(%)
平年値
(cm)
福井 380 175 217
武生 440 208 212
大野 708 182 388
九頭竜 816 132 616
今庄 575 149 386
敦賀 224 144 156
小浜 146 103 142

(引用:気象庁)

まずこのデータは、2017年11月1日 ~ 2018年2月14日までの累積の降雪量です。

降雪量とは「この期間の間にどれだけの雪が降ったのか?」というデータです。

見てお分かりだと思いますが、福井県内の累積の降雪量がヤバいことになっていますね。。

どの地域も平年以上に降っていて、武生では440センチ、九頭竜ではなんと816センチ!

もし雪が解けずにずっと放置されていたとしたら、8メートルも積もってしまうんですね・・・

3階建てのビルくらいの高さがあります!それだけすごい大雪だったということです。

 

でも実際には、人通りが多い所や一般道路などでは雪は解けて無くなったり、頻繁に除雪されるので、そんな積もりっぱなしの状態にはなりません。

とは言っても、今回の2018年の福井の大雪は、とても除雪が追いつくような量じゃありません。。

当然現在の積雪量も相当ヤバいことになっていると思います。

 

福井の積雪量は平年比数倍

地点 積雪量(cm) 平年比(%) 平年値
福井 82 513 16
武生 93 930 10
大野 132 264 50
九頭竜 240 229 105
今庄 126 242 52
敦賀 21 175 12
小浜 9 90 10

(引用:気象庁 福井県内の積雪の深さ ※2月15日15時現在 )

 

こちらが気象庁の積雪量のデータです。

ご覧の通り積雪量は小浜以外の全ての地点で平年比の1.7倍以上で、武生は平年値の9倍の93センチです。

数値ではあまりピンと来ないかもしれませんが、立った状態で足から90センチが雪に埋まってる、と考えてみてください・・・

どれだけヤバいか想像つきますよね?

九頭竜は240センチもあります・・・人間がすっぽり埋まるほどの高さで、まるで雪の壁です!

 

ただこの測定値は計測器がある場所での値なので、実際の積雪量は場所によってバラつきがあります。

山など標高が高い場所だったり、人通りが少ない場所はものすごい積雪になっているようです。

 

 

福井県内の詳しい積雪情報

では、福井県道路保全課が発表している、さらに詳しいデータを見てみましょう!

地域 観測点名 積雪深
福井 永平寺町山王 117cm
福井市上一光 174cm
福井市城東 72cm
福井市皿谷町 218cm
丹南 南越前町今庄 181cm
南越前町広野 167cm
越前市粟田部 93cm
池田町谷口 179cm
小浜 小浜市遠敷 15cm
若狭町熊川 39cm
地域 観測点名 積雪深
三国 あわら市名泉郷 97cm
坂井市坂井町宮領 76cm
坂井市丸岡町上竹田 154cm
奥越 大野市下山 254cm
大野市東市布 188cm
大野市五条方 167cm
勝山市北谷町谷 354cm
鯖江丹生 越前町織田 93cm
鯖江市上戸の口 115cm
鯖江市西山 88cm
敦賀 美浜町新庄 41cm
敦賀市刀根 86cm
敦賀市新保 99cm

(引用:福井県道路保全課 ※2月15日16時現在)

 

このデータは福井県内の地域ごとの道路の積雪量を計測したものです。

これを見ると、やっぱりどの場所も現在の積雪量がヤバいことになっています。

 

山間部の大野市・勝山市辺りがもっとも多いようです。多い所は積雪量が2メートル~3メートルとなっています!

これだけの積雪量なら、道路も通行止めだったり車もろくに走れないだろうし、生活に支障が出るのは当たり前です。。

 

人通りの少ない住宅地や交通量も少ない場所などは、除雪作業に相当な時間がかかりそうですね。

今後大雪が収束すれば、除雪機や住民の方の除雪作業がガンガンはかどると思うのですが。。

これ以上の寒波はもう来て欲しくないですね!

Sponsored Link

 

福井の大雪 二次災害に要注意!

福井県の2018年の大雪で、福井県内各地の積雪量は相当ヤバいことになっていることがわかりました。

これから大変だと思いますが、除雪作業が進み、1日も早く交通機関が正常に戻って欲しいです。

ただ気になるのが今後の状況です。大雪はまだ続くのでしょうか・・・?

 

福井地方気象台の発表によると、15日以降は一時的に冬型の気圧配置になる見通しになるものの、大寒波が来る見込みはなく、しばらく大雪の恐れはないとしています。

なので、6日から断続的に続いていた大雪は12日がピークで、その後は収束に向かうということです。

ひとまずは大雪になることはない、ということなので良かったです!

これから福井県内で復旧作業や除雪作業が急ピッチで進められると思います。

でも除雪作業で警戒しないといけないのが、大雪による二次災害です!

 

なだれに注意!

気温が上昇して雪が解けたり、前回降った雪の上に短時間で多量の新雪があったとき、なだれが発生しやすいです。
特に山沿いでは雪崩の危険性が高くなるので、山沿いにいる方はなだれの注意報・警報に十分気を配ってください!

 

落雪・つららに注意!

気温が上がると、屋根からの落雪やツララの落下する危険もあります!
とくに三角屋根の戸建てなどの除雪作業は危険です。必ずヘルメットを着用しましょう!

 

屋根の雪下ろし作業に注意!

ニュースでもよく伝えられているように、屋根の雪下ろし作業での怪我や事故が多発しています!雪で滑ったりするのでとても危険な作業です。

事故を未然に防ぐためにも、作業の際には特に以下を注意してください。

 

一人で作業しない!

雪下ろしは複数人で注意し合いながら作業しましょう!やむを得ず一人で作業をする場合は、家族や近所に声をかけ、時々様子を見てもらいましょう!

 

安全確保をしっかり!

命綱を使用して、必ずヘルメットを着用しましょう!面倒くさい・・・と思っても、何より命が大事です!

 

無理にやりきらない!

体力と集中力が切れるとケガする可能性も高いです!無理な作業はせずに、休憩をはさみながら何回かに分けて作業をしましょう。

除雪作業をする際は、以上のような点に十分注意して、二次災害を未然に防ぎましょう!

 

ガソリンスタンドへの影響も

2018年の福井での大雪によって、ガソリンスタンドにも大きな影響がありました。

ガソリン切れを恐れて給油を求める人が殺到したんです。

福井県内のドライバーたちは、大雪で渋滞にはまり動けなくなった車を見ているワケですから、相当に不安を煽られたことだと思います。

 

「もし次の大雪が来たらうちの車もヤバいっ!備えないとっ・・・!」

と焦ったことでしょうね。。生活の生命線である車が使えなくなるのは大問題ですからね。

そして、こぞってガソリンスタンドに押し寄せる事態に・・・

まるで昔のオイルショックのような「パニック買い」状態だったそうです。

 

そのため各地のガソリンスタンドは

  • 「レギュラー3千円まで」
  • 「20リットルまで」

といった給油制限をかけたんですね。

ガソリンに困っている多くの人が給油できるようにするためには、仕方がありません。

 

ただ国道などの道路が大雪で正常に動いていないため、タンクローリーからの給油もできず、ガソリンスタンドは満足に営業できない状態になってしまいました。。

にもかかわらず、一部のドライバーからはガソリン切れで閉店した店に

「本当はあるのに隠してるんじゃないか?」

と罵声を浴びせる人もいたといいます。

 

時間が経つにつれてガソリンの供給状況も元に戻りましたが、最初の数日はガソリンを求めるお客さんが殺到し、渋滞が起こってしまったそうです。

それじゃ逆に除雪の妨げになってしまうし、タンクローリーも近づけなくなってしまいます。

ガソリンスタンドも営業できず本末転倒です。

 

やっぱり大雪でパニックになり、心に余裕が無くなってしまうんでしょうか。。

そこはどうか冷静になってもらいたいですね。

ガソリンを給油したいと思ってるのはみんな同じですからね。

 

福井の大雪が全国に報道されない理由

テレビのニュース番組では、福井の2018年の大雪の状況を扱う報道はあまりされなくなりましたね。

全国的に報道されていたのは最初の数日だけで、その後もやっていたのはNHKくらいでしょうか?

それでも全国的に扱う時間は少なかったですがね。

 

「テレビで扱わなくないから、状況はかなり良くなったか?」

と思ってる方もいるかもしれません。

でも実際は、多少良くなったものの正常な状態にはまだまだのようです。

 

福井県出身で福井県在住の有名Youtuberカズチャンネルさんが、このことをタイトルにして福井の現状を動画にしていました。

カズチャンネルさんも、福井の大雪の影響で東京から家に帰れなくなるなど、大変な目に遭った1人です。

動画の中でカズチャンネルさんは

  • 飲食店は少しづつ営業時間が元に戻りつつある
  • 県内全域で雪捨て場が不足して困っている
  • 歩道が積雪のため通れないので、道路の端を歩いている
  • 積雪のため道幅がものすごく狭い 車1台しか通れない→配達の遅延も大きい
  • 福井のレンタル店(GEO)では2/6以降延滞料金を取っていない!
  • 普通の道路にもかかわらず、車が埋まっている。。
  • コンビニには商品が入ってきて、物流の状況が良くなっている
  • 飲食店の被害が一番大きい→お客さんが入らない。。
  • 福井での生活は車が必要不可欠!!
  • ガソリンスタンドは営業再開して給油もできる
  • ゴミ収集車は1週間来ていない。。

動画の撮影日は2月13日時点で、こんなことを話していました。

テレビで報道されない代わりに、このような人気があって影響力のある方が情報発信してくれると、福井県の状況がよくわかるし非常に心強いと思います。

 

さらに今回の大雪の被害の復興のための、ふるさと納税の災害支援についても話していました。

除雪費用に莫大な費用がかかるため、それを補助・支援するための寄付金ですね。

HPはこちらです

動画を見て、少しずつ復旧していることがすごく伝わりました。

本格的な復旧にはさらに時間がかかりそうですね。。

 

福井の大雪が報道されなくなった理由とは?

福井の2018年の大雪を全国的に報道するメディアは、寒波が到来した初期に比べほとんどありません。

報道されなくなった理由はなんなのか?というと、それは間違いなく話題の大きさ・注目度の大きさでしょう。

特に民放のテレビ局、全国ネットのキー局というのは、今も昔も常に「視聴率を取れるかどうか?」を優先で判断しています。

 

福井の2018年の大雪のニュースというのは、国道で大雪に埋まった車が渋滞して、立ち往生している映像が大きな話題を集めましたよね。

でもその問題が解消した時点で、映像的に大雪のニュースは終わっているんでしょう。全国レベルではなくてもうローカルな話題になってしまった。

取り上げたところで「また大雪か・・・」「大雪、それで?」となる。全国的に扱うならそれ以上の話題性が欲しいんでしょう。

なので、あまり報道されないのは「数字が取れない・・・」という判断があるから、と推測しています。

 

これは今回の福井の大雪に限ったことではありません。他のローカルな地域で起こる災害も、そのような「報道されない」現象は起こっています。

もし災害が首都圏で起こったとしたら、間違いなく毎日報道されるんでしょうけどね。。

民放の全国ネットのテレビは(NHKにも言えるかもしれませんが)、基本的に話題性のあるニュースしか取り上げられないので、見てる人たちの興味も熱しやすく冷めやすいものです。

真剣に注目しているのは、今回なら福井の2018年の大雪で被害を受けた方、または同じように災害の被災者になった方ぐらいかもしれません。

「いやいや、地元のローカルTV局やラジオがあるじゃん!」と思いましたか?もちろんローカル局は地元の話題中心に取り上げてくれます。

ただ、ローカル局なので当然ほかの地域の方は見られないんですよね。。

 

福井の大雪で分かるSNS時代の強み!

じゃあ全国ネットのテレビで取り上げられないから、注目されないし話題にならないのか・・・

なんてことはありません!

今の時代はネット社会で、ツイッターやFacebookなどのSNSがあります。むしろそっちの方が主流になってるかもしれません。

若い人でテレビを見ない層も多いです。ネットしかやらない、SNSしかやらない層もいます。

Youtubeでカズチャンネルさんのような有名な動画しか見ない人もいます!

そういう層が、全国から注目してくれているんですよね。

災害が起きれば当然重要なツイートをリツイートして拡散してくれるでしょうし、そのツイートが多くの人の目にとまります。

なので

「注目されてないなから不安・・・」

「もっと福井の状況を知って欲しい」

と思ってる方は、ぜひYoutube、ツイッターやFacebookを開いて見て欲しいと思います。

福井県のこれからの復旧作業や支援活動は、SNSを通して情報を交換することもできますし、とても活発に行うことができると思いますよ!

 

 

まとめ

今回は、福井の2018年の大雪での積雪量がヤバいこと、そして今後の状況と二次災害の危険性についてお伝えしました!いかがだったでしょうか?

2月は東京でも数十年ぶりの寒波が来て、積雪量が20センチを超えました。

私は東京の西多摩方面に住んでいますが、外でこんな積雪量になってるのを見たのは10年以上ぶりかもしれません。。

福井の2018年の大雪は、東京などとは比較にならないほど大変な被害を与えています。

正直ここまでになるとは思っていませんでした。

しかしようやく大雪のピークが過ぎたということなので、福井の方々は除雪作業に専念できるかと思います!

作業する方は、ぜひ二次災害には十分注意してください。1日も早く正常な状態に復旧なることを願っています!

 

Sponsored Link


-その他

Copyright© アスノウゴキ哨戒班! , 2019 All Rights Reserved.