老いも若きも中年も、痩せもメタボも注目する、明日の動きをご哨戒!

アスノウゴキ哨戒班!

オリンピック

平昌オリンピックアイスホッケー女子!スウェーデンとの対戦成績は?

投稿日:

Sponsored Link

平昌オリンピックの女子アイスホッケーに出場する日本代表「スマイルジャパン」が、10日にスウェーデン代表と対戦します!

世界ランキング9位の日本に対し、スウェーデンはランキング5位と格上です。直近のニュースでは、チームにケガ人も病人いないということなので、ベストコンディションで臨んでくると思います。

ただ女子日本も、平昌オリンピック開幕前に行われたテストマッチを、格上相手に4戦全勝で終えているんです!なので上り調子で来ているので勝つチャンスは十分あると思います!

今回は女子日本とスウェーデンの過去の対戦成績と、スウェーデンの強さ、女子日本が勝利するためのカギをお伝えします!それでは行ってみましょう!

Sponsored Link

 

対戦成績は?4年前のソチ五輪では惜敗!

ではアイスホッケー女子日本と、スウェーデンの過去の対戦成績を見てみましょう!

大会 対戦成績
2014 ソチ五輪 ●日本 0 - 1 スウェーデン○
2015 世界選手権 ○日本 4 - 3 スウェーデン●
2016 プレオリンピックカップ ●日本 1 - 2 スウェーデン○

アイスホッケー女子日本は、4年前のソチ五輪の予選リーグ、2015年の世界選手権、そして昨年12月のプレオリンピックカップと過去3回スウェーデンと対戦しています!

2015年の世界選手権では日本が4-3と競り勝ったものの、プレオリンピックカップは延長戦の末に1-2で敗れています。

4年前のソチ五輪での対戦 0-1で、惜しくも女子日本が負けてしまいました。

そのときは、スウェーデンに一方的に攻められてシュートを打たれて負けたワケではないですが、相手へのマークが外れてシュートを打たれてしまった・・・というミスによる負け方でした。

全体の試合展開はスウェーデンがパックを支配する時間が多くて優勢でしたが、日本の守りが堅かったので点を取られませんでした。
ゴールキーパー含めて再三の好セーブを連発していただけに、その1失点を与えてしまったのが悔やまれます。

失点を防いで、かつ5、6回あった得点チャンスが決められれば勝てていた試合でした。

むしろ格上のスウェーデン相手によく0-1 で持ちこたえた、とも言えるかもしれません。

 

スウェーデンの強さと勝負のカギは?

4年前のソチ五輪で監督だった飯塚コーチによれば、

「今のスウェーデンに飛び抜けた選手はいない。総合的には相手が上かな、というのはあるけれど、差はほとんどないくらい縮まった」

と話しています。

ただスウェーデンは選手層が厚いので、チャンスを多く作ることはなかなか難しそうです。

なので平昌オリンピックでの対戦は、今までと同様に1点を争うクロスゲームになる可能性が高くなりそうです。

女子日本は、守りを堅くして点を取らせない戦術と、相手反則で数的優位となるパワープレーでチャンスを活かせるかが、勝負のカギとなりそうですね!

 

スマイルジャパンの強みは?

アイスホッケー女子日本の強みは、五輪チーム経験者やベテランの選手が多いことと、運動量の豊富さと守備の堅さです。

ソチ五輪の後、女子日本代表は相手の力強さに対抗できるように、基礎体力を強化して、相手陣内から厳しくチェックをかける戦術を磨いてきました。

GK(ゴールキーパー)の藤本那菜選手は、北米プロリーグに挑戦して実績を積んだソチ五輪から不動の正GKです。

長野五輪から日本代表を経験している久保英恵選手や、ベテランになっても衰えない運動量が持ち味の足立友里恵選手、そしてGKの藤本選手など、多くのベテランの選手が精神的な柱となって、チームを引っ張ります!

Sponsored Link

 

4年前の雪辱&五輪初勝利なるか!?

アイスホッケー女子日本代表は、平昌オリンピックの前に国内で行われたテストマッチを4連戦全勝で終えているんです!

しかも世界ランキング9位の女子日本に対して、相手は格上7位のドイツと格上8位のチェコです。

ドイツには6-0、3-1と連勝、
チェコには1-0、4-1と連勝しているんです。

相手が1軍メンバーだったかわかりませんが、格上に勝ったということがチーム内の調子を上げて勢いもついて、確実に良い流れになっていると思います!

過去の対戦成績から見るとスウェーデン有利ですが、平昌オリンピック開幕の時点で女子日本の調子は絶好調です!この勢いでスウェーデンを撃破して、ぜひオリンピック初勝利を飾ってもらいたいですね!

 

日本は強い!出場時点で世界のベスト8!

平昌オリンピックの女子アイスホッケーは、8カ国の出場チームで争われます。

ほかの競技、例えばサッカーなら32カ国が出場できますが、その中で決勝トーナメントに行けるのは8チームだけで、24チームが1次リーグで敗退します。

つまりアイスホッケーは出場できた時点でもう決勝リーグ、世界のベスト8入りなんです。世界のトップレベルに入っているんですよね。

なので予選で負けたからって「女子日本は弱かった・・・」なんて思うのは大間違いです!応援する方は、ぜひそういうことを理解して応援して欲しいと思います!

今回はアイスホッケー女子日本とスウェーデンの対戦成績と、女子日本の強み、勝負のカギについてお伝えしました!最後までご覧いただきましてありがとうございます!

Sponsored Link

-オリンピック

Copyright© アスノウゴキ哨戒班! , 2018 All Rights Reserved.