明日のスポーツを哨戒します。老若男女も痩せもメタボもご注目!

オリンピック

2020年東京五輪聖火リレーコース決定!日程とスタート・ゴールは

投稿日:2018/07/12 更新日:

Sponsored Link


2020年東京五輪の聖火リレーコースが発表されました!

東京五輪の開催まで、あと約2年くらいです。五輪本番が近づいてきました。

日本中を走り回る聖火ランナーの姿を、間近で見たい方はたくさんいるかと思います!

日本のどんなコース・ルートを通って、スタート地点はどこでゴールはどこなのか?

また日程はいつからいつまでどれくらいなのか?気になりますね!

今回は東京五輪の聖火リレーについて、決定した内容をお伝えしたいと思います!

メタクラ
聖火リレーコースが決まって、いよいよ五輪本番だ!

Sponsored Link

 

2020年東京五輪 聖火リレーコース決定!

2020年東京五輪の聖火リレーコースは、以下のようになっています!

 

聖火リレーコースのスタート地点は福島県です!

まず隣接する栃木・群馬を通り、中部地方(長野・岐阜・愛知)を通ります。

そこから近畿地方へ向かい、三重・和歌山を通って奈良・大阪を通ります。

大阪から四国へ移動して四国4県を回り、さらに愛媛から九州に入ります。

 

九州は大分から時計回りで進み、鹿児島から沖縄へ向かいます。

沖縄から再び九州へ戻り、福岡から山口へ。今度は本州を北上して行きます。

中国地方→北陸→東北(日本海側)というルートで進み北海道へ向かいます。

 

北海道へ移動後は再び東北へ戻り、宮城から一気に本州を南下して静岡へ向かいます。

そしてオリンピックの競技会場がある関東を中心にぐるっと回って、ゴールの東京に到達します。

東京都内で数日かけて聖火リレーを行い、開会式が行われる国立競技場が最終地点です。

 

2020年東京五輪 聖火リレーの日程!

聖火リレーは、約4ヶ月間かけて日本全国の都道府県を回ります。

各都道府県を回る順番と日程は、以下のようになっています!

 

順番 都道府県 日程
1 福島県
(スタート)
3月26日~3月28日
2 栃木県 3月29日~3月30日
3 群馬県 3月31日~4月1日
4 長野県 4月2日~4月3日
5 岐阜県 4月4日~4月5日
6 愛知県 4月6日~4月7日
7 三重県 4月8日~4月9日
8 和歌山県 4月10日~4月11日
9 奈良県 4月12日~4月13日
10 大阪府 4月14日~4月15日
11 徳島県 4月16日~4月17日
12 香川県 4月18日~4月19日
13 高知県 4月20日~4月21日
14 愛媛県 4月22日~4月23日
15 大分県 4月24日~4月25日
16 宮崎県 4月26日~4月27日
17 鹿児島県 4月28日~4月29日
聖火移動日 2日(沖縄へ)
18 沖縄県 5月2日~5月3日
聖火移動日 2日(九州へ)
19 熊本県 5月6日~5月7日
20 長崎県 5月8日~5月9日
21 佐賀県 5月10日~5月11日
22 福岡県 5月12日~5月13日
23 山口県 5月14日~5月15日
24 島根県 5月16日~5月17日
25 広島県 5月18日~5月19日
26 岡山県 5月20日~5月21日
27 鳥取県 5月22日~5月23日
28 兵庫県 5月24日~5月25日
29 京都府 5月26日~5月27日
30 滋賀県 5月28日~5月29日
31 福井県 5月30日~5月31日
32 石川県 6月1日~6月2日
33 富山県 6月3日~6月4日
34 新潟県 6月5日~6月6日
35 山形県 6月7日~6月8日
36 秋田県 6月9日~6月10日
37 青森県 6月11日~6月12日
聖火移動日 1日(北海道へ)
38 北海道 6月14日~6月15日
聖火移動日 1日(岩手へ)
39 岩手県 6月17日~6月19日
40 宮城県 6月20日~6月22日
聖火移動日 1日(静岡へ)
41 静岡県 6月24日~6月26日
42 山梨県 6月27日~6月28日
43 神奈川県 6月29日~7月1日
44 千葉県 7月2日~7月4日
45 茨城県 7月5日~7月6日
46 埼玉県 7月7日~7月9日
47 東京都
(ゴール)
7月10日~7月24日
(15日間)

 

聖火リレーが各都道府県で行われる日数は、開催都市の東京が15日。

被災3県(福島・宮城・岩手)と、オリンピックの競技会場が複数ある埼玉、千葉、神奈川、静岡の各県が3日。

そのほかの道府県は2日となっています。

これに移動日を合わせると、全体で約4か月・121日間に渡って聖火リレーが行われることになります。

 

都道府県の細かいルートはどうなる?

東京五輪の聖火リレーのコースで、各都道府県を通る順番・ルートは組織委員会が決めていますが、

都道府県内のさらに細かいルートをどうするかは、各自治体の決定に委ねられます。

 

組織委員会によると、リレーが行われる市区町村と、次にリレーが行われる市区町村が隣接している必要はないそうです。

次の都道府県に聖火をつなぐ際も、市区町村は隣接していなくてもよい、ということになってるんですね。

 

ただ聖火を移動させるときは、原則車で運ぶことになっています。

海を渡らないと行けない場所に運ぶ場合に、船や航空機を使用することが許されています。

東京オリンピックでは、沖縄や北海道との行き来ではフェリーが使われる予定になってるみたいです。

 

聖火リレーのさらに具体的なルートは、各都道府県の実行委員会がそれぞれで年内までに決める予定です。

最終的に詳細まで決まったルートは、組織委員会がIOC(国際オリンピック委員会)の承認を得た上で、来年2019年夏までに発表するとしています。

Sponsored Link

2020年東京五輪 聖火リレーのランナーは?

2020年東京五輪の聖火リレーでもう1つ気になるのが、誰がランナーに選ばれるのか?というところですよね。

聖火リレーのランナーは、詳しいルートが来年夏までに発表された後に、詳しい選考方法や選考基準が発表されることになっています。

選考基準を元に各都道府県やスポンサー企業などが募集し、組織委員会が取りまとめてIOCの了解を得た上で、ランナーが決定します。

聖火ランナーの基本的な選考基準としては、

  • 国籍・障害の有無・性別・年齢などのバランスに配慮し、幅広い分野から選ぶ
  • 地域で活動している人を中心に選ぶ

ということを組織委員会が公表しています。

聖火リレーのランナーについては、また続報が入り次第お伝えしたいと思います!

 

 

まとめ

2020年東京五輪の聖火リレーのコースや日程についてお伝えしました!

まとめると、

  • コースは日本全国・47都道府県全てを回る!
  • スタート地点は福島県・ゴールは東京!
  • 日程は3月26日から7月24日・約4か月!
  • 聖火リレーの詳しいルートは各都道府県で決める
  • 聖火ランナーはコースが確定してから選考する

ということが分かりました。

2020年東京五輪の開催まであと約2年です。これから開催に向けて着々と準備が整っていくと思います。

聖火リレーの具体的なコースや、聖火ランナーが誰に決まるのか、これから楽しみですね!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Link


-オリンピック

Copyright© アスノウゴキ哨戒班! , 2019 All Rights Reserved.