明日のスポーツを哨戒します。老若男女も痩せもメタボもご注目!

卓球

加藤美優の経歴やジュニア時代・国内海外ツアーやTリーグの成績

投稿日:

Sponsored Link


全日本女子の卓球選手として活躍する加藤美優さん。

2020年の東京五輪出場が期待される、注目の若手選手の1人です。

2019年世界卓球の日本代表選手選考会では、優勝候補であった早田ひな選手を破って見事優勝し女子代表内定を勝ち取りました。

また2016年の世界ジュニア卓球選手権のメンバーに選ばれ、シングルス戦では日本女子メンバー最高位の4位(銅メダル)を獲得。

ジュニア時代から輝かしい功績を残していて、 将来がとても楽しみな選手です。

今回は加藤美優さんがどんな方なのか、幼少期からこれまでの大会成績はどうなっているのか?

加藤美優のプロフィールや経歴・成績など、詳しく見ていきたいと思います!

Sponsored Link

 

加藤美優の経歴・プロフィール

加藤美優の中学・高校や経歴は?海外ツアーやTリーグの成績も
加藤美優選手の経歴・プロフィールを紹介します!

  • 生年月日:1999年4月14日
  • 身長:159センチ
  • 血液型:A型
  • 右利き
  • 出身地:東京都武蔵野市
  • 所属:日本ペイントマレッツ
    スポーツビズ (2019年1月からマネジメント契約)
  • 出身中学:稲付中学校
  • 出身高校:中央高等学院
  • 父:元卓球選手 加藤功二
  • 世界ランキング:22位(2019年5月時点)
    自己最高13位

 

加藤美優選手の父が卓球選手で、卓球との出会いは温泉卓球だったそうです。

6歳で本格的に卓球を始めて、吉祥寺の祖父母のガレージが練習場所だったそうです。

幼少期には三鷹クラブ・TKOクラブに入り、卓球の腕を磨いていました。

卓球を始めてからわずか11ヶ月(小1)で初めて大会に出場し、平成18年度全日本選手権大会(バンビの部=小2以下)でベスト8に入ったそうです。

この大会(バンビの部)に当時参加していたのは、現在全日本卓球女子にて活躍中の平野美宇選手・伊藤美誠選手・早田ひな選手が参加していました。

 

2008年/2009年の全国ホープス卓球大会では、当時在籍していた卓球の名門の美鷹クラブで2年連続優勝しました。

中学時代でも2011年4月に行われたITTFジュニアサーキットグアム大会のカデット(15歳以下)に出場し、シングルスとジュニアダブルスで優勝しています。

攻守に安定感があり、手首の柔らかさを生かしたバックハンドの強打威力があり、

自身があみ出したチキータに逆回転をかけた、オリジナルサーブレシーブ(ミュータ)が武器です。

 

加藤美優の大会成績

加藤美優選手の、ツアー大会・Tリーグでの出場大会の成績についてまとめます。

 

ツアー大会(ジュニア時代)

開催年月 大会名 種目 部門 順位 学年 備考
2006年7月 全日本卓球選手権大会 シングルス バンビ ベスト8 小学1年生
2007年7月 全日本卓球選手権大会 シングルス バンビ 準優勝 小学2年生
2007年8月 全国ホープス卓球大会 団体 ベスト16 美鷹クラブ
2008年7月 全日本卓球選手権大会 シングルス カブ 優勝 小学3年生
2008年8月 全国ホープス卓球大会 団体 優勝 美鷹クラブ
2008年11月 全日本卓球選手権大会 シングルス カデット ベスト32
ダブルス カデット ベスト32
2009年3月 全国ホープス選抜卓球大会 3位 東京選抜チーム
2009年7月 全日本卓球選手権大会 シングルス カブ 準優勝 小学4年生
2009年8月 全国ホープス卓球大会 団体 優勝
2009年11月 全日本卓球選手権大会 シングルス カデット ベスト16
ダブルス カデット ベスト16
2010年1月 東京卓球選手権 シングルス カデット ベスト16
全日本卓球選手権大会 シングルス 一般・ジュニア 2回戦
2010年3月 全国ホープス選抜卓球大会 準優勝 東京選抜チーム
2010年7月 全日本卓球選手権大会 シングルス ホープス 優勝 小学5年生
2010年8月 ITTFジュニアサーキット
(香港大会)
団体 カデット 3位 浜本選手馬場選手
2010年10月  2010世界ジュニア選手権代表選手選考会 18歳以下24人の総当たり戦 20位 7勝16敗
2010年11月  全日本卓球選手権大会 シングルス カデット 3位
2011年1月 全日本卓球選手権大会 シングルス 一般 2回戦
ジュニア
2011年4月  ITTFジュニアサーキット
(グアム大会)
シングルス カデット 優勝 小学6年生
ダブルス ジュニア 優勝
2011年6月 2011アジア卓球選手権代表選手選考会 シングルス 19位  第1st=3勝2敗 3、4位リーグ=2勝6敗(初出場)
2011年7月 全日本卓球選手権大会 シングルス ホープス 優勝 (2連覇)
2011年8月  第20回東アジアホープス卓球大会 団体 優勝 日本A 平野選手・伊藤選手・ 合田選手・三村選手
ITTFジュニアサーキット
(韓国大会)
ダブルス カデット 準優勝
2011年9月 ITTFジュニアサーキット     (チャイニーズタイペイ大会) 団体 カデット 優勝 平野選手・伊藤選手
2011世界ジュニア選手権代表選手選考会 シングルス 17位 18歳以下の22人総当たり戦  9勝12敗
2012年1月 全日本卓球選手権大会 シングルス 一般・ジュニア ベスト32 史上最年少記録更新
2012年9月 ITTFジュニアサーキット(韓国大会) 団体 ジュニア 優勝 石川選手・浜本選手
シングルス カデット 準優勝
 ITTFジュニアサーキット     (台湾大会) 団体 ジュニア 優勝 森田選手・浜本選手
シングルス カデット 優勝
2012世界ジュニア選手権代表選手選考会 シングルス 国内18歳以下14人 総当たり戦 優勝 10勝3敗
2012年11月 全日本卓球選手権大会 シングルス カデット 優勝 女子13歳以下
2012年12月 世界ジュニア選手権 団体 準優勝 谷岡選手・前田選手・伊藤選手
ダブルス ベスト8
シングルス ベスト16
2013年世界選手権&2013アジア選手権 女子代表選考会 シングルス 10位

 

ツアー大会成績

開催年月 大会名 種目 部門 順位 備考
2019年
4月21日~28日
世界卓球2019ハンガリー大会 シングルス ベスト8 4回戦敗退
2019年
3月20日~24日
ITFFチャレンジ
スペインオープン
シングルス 優勝
2019年3月  第23回卓球ジャパントップ12
(兼2019年世界卓球日本代表選考会)
シングルス 優勝
2018年 ITFFワールドツアープラチナ シングルス ベスト32
2018年4月 ITTFチャレンジシリーズ
スロベニアオープン
シングルス 優勝
2018年10月 2019年世界卓球ブタベスト大会 シングルス 2位通過
2017年 世界選手権日本代表選考会 シングルス 優勝
2017年1月 全日本卓球選手権 シングルス ベスト32 5回戦
2017年3月 ITTFチャレンジシリーズ
ベラルーシオープン
ダブルス 優勝 森薗選手
2017年4月 第23回アジア卓球選手権 団体 準優勝 平野選手・伊藤選手・早田選手・佐藤選手
2017年6月 第54回世界卓球選手権個人戦 シングルス ベスト16 4回戦
2017年10月  ITTFチャレンジシリーズ
ポーランドオープン
ダブルス 準優勝 前田選手
2017年11月 世界ジュニア卓球選手権 シングルス ベスト4
ダブルス ベスト4 長﨑選手
団体 準優勝 木原選手・長﨑選手・木村選手
2016年12月 世界ジュニア選手権 シングルス ベスト4
ダブルス 準優勝 早田選手
団体 優勝 伊藤選手・平野選手・早田選手
2017世界卓球
デュッセルドルフ大会
2016年11月 大会名不明 シングルス 3位
ダブルス 準優勝 早田ひな選手
2016年9月 2016世界ジュニア選手権
代表選手選考会
2位通過
2016年8月 ITTFワールドツアー
ブルガリアオープン
ダブルス 優勝 森薗美咲選手
2016年6月 ITTFワールドツアー
オーストラリアオープン
シングルス U-21 優勝
2016年4月 ITTFワールドツアー
ポーランドオープン
シングルス U-21 優勝
2016年1月 ITTFワールドツアー
ハンガリーオープン
シングルス U-21 優勝
全日本卓球選手権 シングルス 一般・ジュニア ベスト32 5回戦

 

加藤美優選手は、卓球を本格的に初めてからわずか11か月という短さで、2006年の全日本選手権(バンビの部)に出場。

ベスト8まで上りつめる驚異の選手でした。

この大会には、現在大活躍中の全日本女子メンバーの平野美宇選手・伊藤美誠選手・早田ひな選手たちも参加していました。

2012年1月に行われた全日本卓球選手権大会では、シングルス戦小学5年生ながらベスト32に勝ち上がります。

小学5年生で5回戦(ベスト32)まで勝ち上がれる人はなかなかいないみたいです。

この結果を出すまでの最年少記録を持っていたのが、福原愛選手でした。

 

世界卓球2019ハンガリー大会日本代表選考会では、優勝候補であった早田ひな選手を破り最後の1枠を勝ち取りました。

世界卓球2019にて、自身考案のオリジナルサーブレシーブ(ミュータ)、バックハンドを武器に4回戦進出しましたが、

惜しくもベスト8で終わってしまいました。

 

Tリーグ・シングルス成績

開催年月 会場 対戦相手 勝敗
2018年12月3日 高砂総合 (日本生命) 森さくら 3-0 勝
2018年12月4日 (KINOSHITA)杜凱栞 3-2 勝
2018年12月22日 貝塚総合 (KINOSHITA) 石川佳純 3-0 負
2018年12月23日 立川立飛 (KINOSHITA)袁雪嬌 0-3 勝
2018年12月27日 高砂総合 (KINOSHITA) 石川佳純 3-0 負
(KINOSHITA) 浜本由惟 0-3 勝
2019年1月30日 Eアリ (日本生命) 早田ひな 0-3 負
2019年1月31日 TOP NAGOYA)呉穎嵐 3-0 勝
2019年2月10日 横浜文化 (KINOSHITA) 石川佳純 3-0 負
2019年2月11日 武田テバ 3-1 負
2019年2月20日 おおアリ (TOP NAGOYA) エリザベスサマラ 2-3 負

※2018・2019シーズン

 

Tリーグ・ダブルス成績

開催年月 会場 対戦相手 ペア 勝敗
2018年12月4日 高砂総合 (KINOSHITA) 浜本由惟・杜凱栞 馮天薇 0-3 負
2018年12月22日 貝塚総合 (日本生命) 常晨晨・蒋慧 松平志穂 3-1 負
2018年12月23日 立川立飛 (KINOSHITA) 長﨑美柚・木原美悠 松平志穂 3-0 負
2019年1月31日 Eアリ (TOP NAGOYA)鈴木李茄・安藤みなみ 李皓晴 0-3 負

※2018・2019シーズン

 

まとめ

今回は、加藤美優の中学・高校や経歴、海外ツアーやTリーグの成績について紹介させていただきました。

加藤美優選手は幼少期から卓球現在まで様々な大会に出場し、輝かしい成績をもつ選手です。

黄金世代と呼ばれる伊藤美誠選手や、平野美宇選手、早田ひな選手といったライバルとともに切磋琢磨してきました。

世界卓球2019では惜しくもベスト8で敗れてしまいましたが、これからの活躍がさらに楽しみです。

2020年東京オリンピックに出場できるよう頑張ってもらいたいですね。

今回はこれで以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました!

Sponsored Link


-卓球

Copyright© アスノウゴキ哨戒班! , 2019 All Rights Reserved.